浮気調査の方法

浮気調査の方法、違法性は?証拠能力は?

 

妻に浮気を疑われ、探偵を付けられています。
非常に不思議に感じることがあり、バイパスを猛スピードで走っていても、しばらくすれば自分の居所がつきとめられたり、郊外にあるようなホテルに居るとすぐに特定されてしまいます。

 

車に何か付けられているようなんですが、こういうのは違法ではないのですか?
また、こういうものは証拠になるのですか?

 

探偵の調査に詳しい人からのアドバイス

あなたは事前に素行調査をされ、行動半径を絞られたのかもしれませんね。

 

奥様がいろいろと情報提供をしていることは十分に考えられますが、探偵事務所にはそのようなノウハウがたくさんあるものです。

 

車に何か機器をつけることは調査としてよくあることですが、そのようなことをしなくても行動を絞る手段はたくさんあります。
例えば、依頼者である奥様にあなたの車の走行距離を調べてもらいます。
そして、1日のだいたいの移動距離を計算してしまえば、行動半径はかなり絞られてくるものなのです。
その次には、この範囲内に浮気現場となりそうなめぼしいスポットを見つけて、そこに調査員を配置しておけばいいということです。
浮気をしそうな曜日や時間帯も奥様から事前に聞いておけば、よりスポットは限定することが可能です。
車種やナンバーが分かれば、探偵事務所が追尾するのは意外と簡単にできてしまいます。

 

●違法性はない
また、車などに機器を付けるのは、奥様などの同意が得られれば違法ではありません。
対象物の名義はご主人だったとしても、夫婦であれば共有財産とみなされるからです。
車に取り付けるのも探偵事務所にとっては簡単なことです。

 

●証拠になります
次に、こういったことが証拠になるかどうかについてですが、どのような方法で集めたにしろ、証拠は証拠となります。
もしも裁判となれば、それらを基にして判決が出ることになるのです。

 

例え収集方法に違法性があったとしても、それはまた別の問題となります。
また、もしもあなたが収集方法が違法だと訴えたとしても、当然ながら探偵事務所の方が1枚も2枚も上手です。
決して、あなたが得するような結果にはならないでしょう。

 

大変失礼ながら、もしもあなたが浮気をしていたとします。
そして、もしも浮気の動かぬ証拠を掴まれてしまった場合、奥様から離婚を迫られたり多額の慰謝料を要求されたりするでしょう。

 

そのようなことを希望されないのでしたら、日ごろから行動にはいつも以上に慎重になる必要があります。
動かぬ証拠の内、強い力を発揮するのはホテルに出入りしている写真を撮られてしまうことです。
また、その他の証拠も状況によっては法廷で証拠として認められる可能性がないわけではありません。